2016年07月21日

七つの大罪、十戒とは?

七つの大罪、面白いですね〜

息子も最近ハマったって言ってます♪ 親子で楽しみにしてます!

七つの大罪 真実の冤罪(アンジャスト・シン)

七つの大罪 真実の冤罪(アンジャスト・シン)


七つの大罪は作者・鈴木央。『週刊少年マガジン』2011年52号の同名の読切作品から、2012年45号から連載を開始し現在も連載中です。

[まとめ買い] 七つの大罪(週刊少年マガジンコミックス)
[まとめ買い] 七つの大罪(週刊少年マガジンコミックス)

ところで、七つの大罪とはもともと、キリスト教の西方教会、おもにカトリック教会における用語で、ラテン語や英語での意味は「七つの死に至る罪」だが、「罪」そのものというよりは、人間を罪に導く可能性があると見做されてきた欲望や感情のことを指すもので、日本のカトリック教会では七つの罪源(ななつのざいげん)と訳してます。

以下の7つを指します。

七つの大罪   対応する悪魔  漫画のキャラクター

憤怒(激情) サタン     憤怒の罪(ドラゴン・シン)のメリオダス
傲慢(高慢) ルシファー   傲慢の罪(ライオン・シン)のエスカノール
嫉妬(羨望) レヴィアタン  嫉妬の罪(サーペント・シン)のディアンヌ
怠惰(堕落) ベルフェゴール 怠惰の罪(グリズリー・シン)のキング/ハーレクイン
強欲(貪欲) マモン     強欲の罪(フォックス・シン)のバン
暴食(大食) ベルゼブブ   暴食の罪(ボア・シン)のマーリン
色欲(肉欲) アスモデウス  色欲の罪(ゴート・シン)のゴウセル

これはわかるのですが、モーゼの十戒を元としている十戒ですが・・・
あの海を割って渡る有名なモーゼですが、

十戒 [DVD]
十戒 [DVD]

そのモーゼの十戒は以下のようになっています。。

プロテスタントの場合

主が唯一の神であること
偶像を作ってはならないこと(偶像崇拝の禁止)
神の名をみだりに唱えてはならないこと
安息日を守ること
父母を敬うこと
殺人をしてはいけないこと(汝、殺す無かれ)
姦淫をしてはいけないこと
盗んではいけないこと
偽証してはいけないこと
隣人の家をむさぼってはいけないこと

カトリックの場合

わたしのほかに神があってはならない。
あなたの神、主の名をみだりに唱えてはならない。
主の日を心にとどめ、これを聖とせよ。
あなたの父母を敬え。
殺してはならない。
姦淫してはならない。
盗んではならない。
隣人に関して偽証してはならない。
隣人の妻を欲してはならない。
隣人の財産を欲してはならない。

まあだいたいのところは一致していますね

で、漫画のキャラクターですが・・・

「無欲」のゴウセル=七つの大罪・色欲の罪(ゴート・シン)のゴウセル
フラウドリン(ドレファス) ゴウセルの代理
ゼルドリス メリオダスからは兄弟と呼ばれている
エスタロッサ ゼルドリスから「兄者」と呼ばれている魔神族
「不殺」のグレイロード
「真実」のガラン
「信仰」のメラスキュア
ドロール(バロール) 伝説の巨人族とおなじ名前を持つ魔神族
「安息」のグロキシニア 正体は妖精族の初代妖精王グロキシニア
モンスピート 獄炎鳥の技を使う魔神族
デリエリ 全身の所々に影を巻き付けている女性

まだどの十戒に対応しているか不明のキャラクターも多いですね。。
隣人の妻を欲してはならない、と、偶像を作ってはならないこと(偶像崇拝の禁止)が、
プロテスタントの場合とカトリックの場合で全然違うけど、


漫画ではどっちなんですかね?







現実でも隣人の妻を欲してはいけないですよ?ww

  ↓   ↓










posted by あっくん at 00:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ●SFファンタジー オススメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/440248248

この記事へのトラックバック